予算

ざっくりしたプロジェクションマッピングの予算感

プロジェクションマッピングをやりたい!
とよく問い合わせや質問があります。

その時は、まず予算がどれぐらいあるのかを聞きます。

プロジェクションマッピングをすると言っても、いろいろあります。

・個人で制作する
・制作を依頼する
・イベントを展示する


個人で制作するだけであれば、必要な機材( パソコンとプロジェクター )
があれば、お金をかけずにできます。

クリエイターに制作を依頼して、
イベントを行って展示をする場合は、
予算がなければいけません。

つまり、ここでいう予算は以下の項目が含まれます。
・映像制作費
・機材レンタル費
・設置、運営費


例えば、
「1~2日のイベントで屋外の建物にプロジェクションマッピングしたい」
といった場合、

僕ならこう答えます。
150万はかかります。いろいろ調整したら100万ぐらいにはなるかも。」
これでも良心的かもしれません。

これで、やるかやらないかを判断できると思います。

ざっくりいうと、以下ぐらいの選択肢が考えられます。
・タダでできる
・10万でできる
・50万でできる
・100万でできる
・300万でできる


安くできると考えている人もおおいので、
100万円ぐらいを本気度のボーダーだと考えてください。

工夫すると安くできるとも言えますが、
結構いろいろなところで無理が出てきます。
もし、仕事としてやるなら、最低100万円ぐらいは必要ですね。

ざっくりした内訳
機材レンタル費…100万
映像制作費…50万


これでも最低ラインだと思います。
具体的な話になっていくと、費用は増える可能性が高いです。

プロジェクターの設置
・足場
・電気工事


映像制作
・3DCG
・サウンド


などの要素が加わると、
費用がどんどんと増えてきます。

もし、イベントがやりたくて、予算内に抑えたいという場合でも、
最低100万円なければ、あきらめたほうがいいというのが僕の結論です。

100万円でも、トントンか赤字になる可能性もあります!

最後に補足すると、
ケースバイケースなので、具体的なプランがあると、
リアルな見積が作れるため、クリエイターに相談や打ち合わせしてみましょう。

  1. 作品

    【作品紹介】クシュシトフ・ウディチコ
  2. ノウハウ

    プロジェクターと距離をみるコツ(Tの法則)
  3. 作品

    「六甲時光」六甲ミーツ・アート 芸術散歩2010 六甲山上駅/兵庫
  4. お知らせ

    PR映像公開のお知らせ
  5. 未分類

    【Amazonセール】電子書籍55%オフ「プロジェクションマッピングの教科書」
PAGE TOP